【W限定】亀有どさん子
赤と黒の「豚濃くたまり醤油麺」

亀有ドサンカー(亀有どさん子の愛好家)の皆さん、2015年の亀有どさん子限定麺はいかがでしたでしょうか?

新年に先がけて、我らが亀有どさん子2016年最初(1月)の限定麺を紹介させていただきます。

 

例によって、試食特権として誰よりも早く限定麺を食べさせていただきましたが、今回は「ウワサの葛飾最高顧問」である「庄子匡」(通称:SHJ)が試食に参戦。

筆者ではなく、SHJの目線…いや「味線」からお届けいたします。

 

亀有どさん子の限定麺

まずはお作法の「レモンハイ」&「餃子」の流れから。

出来立ての餃子に思わず「ウマっ…」の声を上げるSHJ。

ついついレモンハイも2杯目を注文。

 

おまちかね!

亀有どさん子の限定麺

「豚濃くたまり醤油麺」

担当:どさ兄

左から「赤」と「黒」

双方の違いはこの後で。

 

s03

まずは「黒」から実食。

「スープが麺にからまって、本当に素晴らしい。…ちぢれ麺が合っている。」

必死に食通のようなコメントを絞り出そうと涙ぐましい努力を試みるSHJ.。

その姿はちょっと小●さんと重なる姿も。

s04

その横からどさくさに紛れて試食会に参加したONO氏が言い放つ

「つけ麺喰ってるみたいな感じで濃厚なんだよね。」

ちなみに、こちらの「黒」は

豚骨醤油に「黒マー油」を浮かべたスープとなります。

 

s05

つづけて「赤」を実食。

「あ、ベースが全く違う…ホタテ?…カキ?」

この後、無言で食べ続けるSHJ。

 

正解は豚骨醤油に「ワタリガニ」と「KARA煎り(←どさ兄のギャグ)した干し海老」によるスープ。

 

「イタリアンの最後にワタリガニのパスタで締める感覚。海の幸を濃縮した一品ですね。

最初の「黒」とは運殿の差のコメントをつぶやくSHJ。

 

s06

最後に

「都心に行かなくても亀有では、都心のレストランで食べられるレベルの物が食べられますよ。」

というコメント共に

「亀有から世界平和!」

と語り、亀有の街へ消えて行くSHJこと庄子匡でした。

亀有どさん子の限定麺

補足

今回がW限定麺となった経緯については、元々は「赤」でいこうと考えていたが「甲殻類アレルギーの方も多いかと思った」という、どさ兄の優しさによって、急遽「黒」も用意されたそうです。

私からの感想はただ一つ「今月も美味しい!」です。

 

札幌ラーメン どさん子
亀有南口店

葛飾区亀有3-4-12
03-3603-3363

木曜定休