ガ汁は役に立たないブログ

観たこともない怪傑えみちゃんねるが終わる

 

 

外に出ていいんだか悪いんだかの毎日。

 

気使わせんじゃねえよ。 と、徐々に鬱屈とした気持ちが頭をもたげてきた昨今。

 

 

 

お元気ですか? 僕ですよ。

 

 

愛うえおかぁ。

 

吉幾三、伊奈かっぺいなどの流派なんでしょうな。

この流れで行くと、宅麻伸って、どっち寄りなんだろう。

 

知らないよ。 いいよそんなこたぁ。

 

 

 

 

相変わらずとは言えない少し特殊な毎日の中、

考える事はあまり変わらず、日々無駄、不要、不必要な知識を溜め込んで生きています。

 

 

 

コロナのニュースはもう見飽きて来ましたが、たまに飛び込んでくる映像に、ぎょっとしつつも頬を緩めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう悪意しかない本屋の陳列に、ぐっと来る感情を抑えきれずに過ごしています。

 

 

 

そんなこんなで、最近見つけてぐっと来たあれこれ。

 

 

 

 

風雲ラジオショッピングぅ

 

「風雲たけし城」でいまだ飯を食おうと頑張る谷隼人。

こういうのがわからないけど、グッと来るのです。

グッと来る定義が無いので言語化する事が難しいのですが、

とにかく、「あぁ、谷隼人! よくぞ生き残った我が精鋭たちよ!」と一人心で拍手喝采を贈るのです。

 

 

 

 

 

アパホテルの全部屋に設置してあるあのアパ自伝マンガ。

主人公の社長のビジュアルに関してモヤモヤしていた気持ちが一気に霧散した瞬間でした。

あぁ、第9案で社長からの的確なアドヴァイスがあった訳なんだ。 味わい深い。

 

 

 

 

 

ヤフーで出てきた広告。

なんだろう、画像からポジティブな雰囲気が微塵も感じられないというモヤモヤ感。

旦那の髪型、服のセンスなど、気にしだしたらキリがない、無限地獄のような画像です。

こういうの、最高です。 何度も見返しています。 大丈夫かい。俺。 あぁ、平気だ。

 

 

 

 

 

いつまでも忘れたくない、美勇士とニセ桑名息子の騒動。

「人間は、飯の種になるんだったら、何だってやれるんだ。」と、なんだか不思議と生きる勇気を与えてもらった記憶。

最終的に、騒動が沈静化したのに、この二人でなんかイベントやったようなやらなかったような、うすぼんやりとした覚えが、、

今となってはどっちでもいいんですが、どっちでもいいくせに、いつまでも覚えていたい心ウラハラな僕なのです。

 

 

 

 

 

 

英字新聞シャツを着ていた過去の自分に言ってやりたいんです。

「お前、他国の新聞の柄シャツを着る事のリスクを知れよ」と。

山口達也についつい目が行きがちですが、左ケツと、左膝裏あたりにある「稼げる」「コレだ!」という文字も

僕にとっては、地味にグッと来るポイントです。

 

 

 

 

 

そんな中、割と最高にどうでもいい情報として、

 

 

 

ルマンドとエマニエル夫人の書体の方向性が同じだというものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事に胸を踊らせつつ、このコロナ禍を乗り越えたいと考えている今日この頃です。

 

色々あるけど、とりあえず進んでいきましょう。決して前にでは無いだろうけど。

 

 

 

では、股。

 

 

 

 

また新たな情報が、、、。 こうして僕の脳のメモリが埋まっていく。

コメント

  1. ひろ より:

    今回はウルトラスマッシュな回でした!
    おかげさまでテレワークの最中、充分な活力が漲りました、ありがとうございました。
    渡部、山口と、どれも捨てがたいですが、特にアパの件は最高でした。

  2. ガジファン より:

    私はルマンドの書体…
    なんかに似てるなぁって思ってたからスッキリしました!
    うちのオトンが私が幼少の頃このエマニエル夫人のポスターを貼っていたことも、同時に思い出しました。。映画を知らない幼子がなんとなく恥ずかしい気持ちになった記憶がよみがえりました。
    これからルマンドを見るたび思い出します。。笑

コメントを残す